美容脱毛を行うスタッフについては事前に確認する必要があります

美容脱毛に関しては、どこで施術を行うかによって方法が違ってくるものですが脱毛サロンといった医療機器を使用しない脱毛においては民間の資格はあるものの、必ずしも所有していなければいけないということは現時点ではありません。

一方医療機関が行う医療脱毛に関しては、効果が高い分医療行為に該当する施術を行うことから高度な技術を必要とします。

よって医療脱毛を行う際には実際に施術を行うスタッフについて確認をしておく必要があります。

医療脱毛の特徴について

医療脱毛はエステサロンで行う脱毛と違い、レーザーなどの医療機器を使用します。

一見レーザーを使った脱毛は効果が高いもののお肌への負担が大きく施術後のトラブルも生じやすいと思われがちですが、医療脱毛は美容外科や皮膚科などの医療機関に併設されたサロンで行うものです。

なので万が一施術中あるいは施術後にお肌にトラブルが生じた際には、併設された医療機関ですぐに治療を受けたりするなどして対処してもらえることができます。

医療脱毛は誰でもできる行為ではありません。

この医療脱毛ですが、レーザーなどの医療機器を使用するということから必ず医師あるいは医師の指導を受けた看護師でないと施術を行うことはできません。

そのため医療機関で脱毛を受ける際には、まず実際に施術を行うスタッフが医療従事者の資格を所有しているかどうかを確認することが重要になってきます。

医療脱毛を施術するのは医師の指導を受けた看護師であることがほとんどですが、医療脱毛のスタッフは皆医療の知識を持っていることからこちらが気づかないトラブルでも先に気付くこともあります。

そのためお肌にトラブルが生じたとしても大きな影響を受けることなくそのまま継続して施術を受けられることも多いです。

違法に医療脱毛を行っているサロンには要注意です

医療脱毛を行える施術者は医師もしくは医師の指導を受けた看護師と定められているものの、ごく一部のサロンでは人員不足を理由に資格を所有しないスタッフに医療脱毛を行わせたり、逆に一般の美容脱毛サロンで資格を所有していないスタッフが医療機器を違法で使用しているようなこともあります。

違法に医療脱毛を行っているところで施術を受けた場合一生残ってしまうような傷跡を作ってしまうこともあり、アフターフォローも受けられないことが大きな問題となっているのです。

まとめ

医療脱毛は施術内容によっては費用もそれほど高くなく、さらに近年では男性がヒゲなどの脱毛を受けるなどして以前よりも多くの人が受けるようになっています。

それゆえ医療脱毛は医療機関にとっては大きな収入の得られるサービスとなっていて、経費をより安くしたいからとかあるいは人員不足という理由から医師もしくは看護師が適切に行っていないというケースも少なからずあります。

そのため医療脱毛を契約する前のカウンセリングの段階で医療脱毛を適切な方法で行っているかどうかを確認するのが必須となっています。